今日、いいとも!に出演していた天才ジャズピアニスト少年・奥田弦さんを調べてみると以下のページが出てきました。

  • 奥田弦 1st Album「奥田弦」

実際にピアノのプレイを見ていると「私は一生できねぇだろうなぁ。」と思って凄かったです。以上、余談でした。

中学生プロブロガー…なる存在を知ったのは、以下の記事を読んだからでした。

  • ちゅ、中学生プロブロガー…!すごい! - ihayato.書店 | ihayato.書店

この記事の中でも、以下のように書かれている部分なのですが(引用です)。

ちゃんと広告主を募集しているのもすばらしい。

この部分がスゴイと思った唯(ただ)一つのことです。いや、実際には、話題性のあるブログを運営されていることもスゴイと思ったのですが、広告主を募集されているのもスゴイです。以下は、実際に広告主を募集されているそうです。以下がそのページで、PV数なども合わせて引用します。

・月間ページビュー数:72,418
・月間訪問者数:24,792
ガジェットTouch! |  広告掲載について

現在広告枠はアドセンス基準のサイズで3枠あって、お値段はどれも据え置きで1万円だそうです。つまり仮に全ての広告が購入されたとしたら、3万円です。この金額はイケダハヤトさんの言う1PV0.5円説に近い金額だと思います。

実際に、自分が中学生の時のことを思いだすと、月3万円の可能性がある活動は一つもやってなかったな…と思うと、すごいな…と思った訳です。

このように考えたのは。

ここで最近読んでいた記事からの引用です。元記事からかなり限定的に引用しているので、若干恣意的であるので、元記事もあわせて読んで欲しいところはあるのですが…。

これまで考えたのは、以下の引用部分を読んだからでした。

大人がやってる事を子供がやる→スゲー

なんかこの流れが嫌いなんだな。
大烏(愚痴ともいう) - あざなえるなわのごとし

好き嫌いの話ではないのですが、『自分ができてないことを』『子どもがやっている』でスゲー…と思った訳ですね。冒頭の天才ジャズピアスニスの奥田少年もありますが、同じことを子どもがやった方が『よりすごい』というのはあるように思えます。まぁ、好き嫌いとは別なのですが…。

関連記事。

ブログに書いている文章で、アクセス的なモノとかPVとか毎日の成果を常に意識しているのは当然なのですが、ホームページに文章とか書いていたあの頃に感じていた何か、ワクワク感は喪失したように思えます。
ブログが12万PVを超えているけどネットで5万稼げてない話。 - 伝外超スデメキルヤ団劇

「私が行ってないこと」とは、例えば、ASPを介するのじゃなくて、「広告バナー」や、広告枠を独自に設定して、販売する…などです。
ブログの固定広告枠の金額設定ってどうやって決めるのかな? - 伝外超スデメキルヤ団劇

終わりに。

ちなみに独自広告枠を出稿する前に、GoogleアドセンスとかDFPスタンダードとか、収益化の方法は沢山あるように思えますが、Googleアドセンスは未成年は利用できないのか?と思ったのですが…調べてみると、保護者のアカウントなどを利用すれば良いみたいです。3枠あるなら、1枠は…とか思っちゃった私の心は、未だに心が中学生です。