第2弾がやってきました!ブログを継続することの難しさを噛みしめ過ぎている今日この頃です。(だいぶLazyな女なんです´д` ;)でも頑張りますよー!!

 さて今回は、、、

IRISH ENGLISH についてお話ししたいと思います!

                            f:id:hateno0210:20160919211630j:plain

たいての人が 、"IRISH ENGLISH" ってなんぞや?と頭の上にどでかい?マークが浮かんでいることでしょう。訳すと(訳さなくてもわかるとは思いますが笑)「アイルランド英語」となります。

英語は、その国々によって話すスピード、イントネーション、発音の仕方等が変化しています。分かりやすい例で言うと、「アメリカ英語」「イギリス英語」があります。私たち日本人が小さな頃から学んでいる英語は「アメリカ英語」です。この違いを簡単に1つ挙げると、

「アメリカ英語」→ "L" "R" の発音がはっきりしている。

「イギリス英語」→ "L" "R" をほとんど発音しない。  

(この違いは知っている人も多いのでは??)

他にも様々な違いはありますが、今回は”IRISH ENGLISH" が主役!!なので、もっと知りたい方は下記のyoutube動画がオススメです。

イギリス英語vsアメリカ英語!字幕付き!// British English vs American English!〔#425〕 - YouTube

 

では私が(耳が腐りそうなほど)言っている"IRISH ENGLISH" とはどんな英語なのでしょうか??(やっと本題だー。ダラダラとすいません笑)

『イギリス英語』と共通点が多い!?

                        f:id:hateno0210:20160927223141j:plain

「アイルランド英語」と言いますが、言い回しや綴り、単語は「イギリス英語」と共通している事が多いです。生活し始めた頃は、少しですが戸惑いました笑

よく見かける例を挙げると"建物の階層"ですね。アメリカ英語では1階から「first floor, second floor, third floor..」と続きますが、イギリス英語(アイルランド英語)では「ground floor, first floor, second floor...」となります。(数字だと「0階、1階、2階..」と表示されます)

こうした単語だけでなく、綴りにも共通点を見る事ができます。例えば英語で、”市の中心地”を表す「city center」(アメリカ英語)という単語があります。これがイギリス英語(アイルランド英語)では、「city centre」となるんです。(違いに気付きました??)

アメリカ英語 → 「city center

イギリス英語(アイルランド英語)→ 「city centre

わっかりにくい!!笑 

「centre」の部分の「r」と「e」がひっくり返っているんです!!

このようにアイルランド英語とイギリス英語には共通点が多く、特に綴りはほぼイギリス英語と同じと考えていいと思います。

早口すぎる!?

 とにかく話すスピードが速いんです!

「スピードなんて人それぞれでしょー(T . T)」「ネイティブだしー」と今思った方。予想以上ですよ、あのスピード。本当に!みんな速いんです!!(体験してほしい、まじめに)

私もずっと英語には触れてきていたので耳には自信がある方でしたが、初めはまっっったく聞き取れませんでした笑(発音のベースが「イギリス英語」というのも、聞きにくい理由の1つではあると思いますが)

 日本語でも関西方面になると話すスピードが速い気がしませんか?(私はそんな感じがします!笑)実際にアメリカ英語と比べますと、イギリス英語とアイルランド英語は早口の傾向があります。その上、私たちが聞き慣れているアメリカ英語よりも抑揚がないことも聞き取りにくい原因の1つだと思います。

             f:id:hateno0210:20160920202644j:plain

実は『スピードが速い』という事実は、アイルランド人が自他共に認めていることでもあるんです。

ある時、ダブリンで携帯会社に行った時のことです。店員さんが気さくな方で話していると「アイルランド英語は早いから留学生には大変だよねー。ダブリンの人は特に早いから笑」と言われました。その人は田舎からダブリンに出てきたそうですが、初めは聞き取れなかったそうです。

ネイティブでもそうなんですから、私たちにとっては地獄ですよね、、、笑 

ただ生活していれば耳は慣れるものですし、こっちの英語に慣れるとアメリカ英語はものすごくゆっくりに聞こえます。(この間アメリカ人と話す機会がありましたが、聞きやすすぎてびっくりしました笑)

留学生にとっては!?

留学生にとっては、アメリカ英語との違いで心配になると思います。私自身が英語の違いは何にも気にせず来たので、初めはすごい戸惑いました。日本人は、小学生の頃からアメリカ英語で勉強をしているので聞きにくかったり、全くわからないことも当然なことです。

ただ1つ言えることは、耳は慣れる!!1ヶ月や2ヶ月、その環境で生活すれば誰でも耳は慣れるものです。戸惑うのは初めだけ。なのでそこまで心配する必要はないと思います。

ど〜〜しても不安な人は、留学前にイギリス英語の映画などを見て耳を慣らしとくと良いかもしれません。(オススメはHarry Potterかな)

 

まだまだアイルランド独自の発音や言い回しなどもありますが、全てを紹介するのは難しすぎる!!ので、今回は「アイルランド英語ってこんななんだー」と簡単に分かっていただけると嬉しいです♪( ´▽`)

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!!次回もよろしくお願いします!(書く頻度は頑張って上げます笑)